以前も一度「愚痴聞いてタンバリンは Google Home のみ対応」と
書いたのだけど、

AlexaのAWSプロモーションクレジットのご紹介
これがあるから再検討したんだけど、

これの条件に
「スキルに関連したAWS使用料が前月に発生した場合に受け取ることができる」
があるんだよね。


で、オレはこれを
現行のスマホアプリのサーバー代に充てたいわけだ。


そうすっと skill 専用のサーバーレスを設置してもうまくいかない。
skill 専用のサーバーレス代が毎月確実に 10 円発生してくれればいいんだけど、
そうはいかず、ほぼ 0 円だろう。

じゃあ最小サーバーを立てるか。t2.nano は月 1,000 円くらい。
まぁ悪くない。機能追加しない最小構成だけど、できないわけじゃない。
問題はプロモーションクレジット期間が終わったあとにムダになる、
ディスコンが妥当というところにある。


というわけで
現行のスマホアプリのサーバーに「skill」機能を追加するのが
一番の解なのだけど

Alexa の認証 SDK を組み込んでうまく動くのか?
っていうのを安全に試したいんだよね。
んで、これが現行システムと Alexa 認証のハイブリッドみたいになるので
ネットに事例がないんだよね。

まぁうまく動いてもおかしくないんだけど、
うまく動かなくてもおかしくない、というか。


安全に試すには、
t2.nano の新規サーバーを立てて、
Mac 上で別バージョンの Eclipse をインストールして
プロジェクトをコピー、それを修正することになる。
(別バージョンの Eclipse をインストールするほうがより安全だろう)

まぁ1カ月あればできる、できないは判定できるだろうから、
実コストは 1,000 円程度。


やろうかな?どうしようかな?


正直、あんまやる気ないんだよね。
でもお金は重要だよね。。。。。よく考えろ。


というところである。