Tanbarin's Blog

もう少しマシにやろう

Web サーバーサイド言語の歴史を調べてみた

結論から言うと、ようわからん。


インターネットが始まった頃のブログ、ショッピングサイトを作るのに、
サーバーサイドで何の言語が使われていたか知りたかったのだが。。。


多分、Perl, PHP, Ruby, Java が候補だと思う。Python も?


・おそらく、おそらくだけど、初期は Perl、ではないだろうか。
・Java が Web サイトの構築に使われていた時期はあったのだろうか。
・PHP が主流になったのはいつ頃だろうか。
・巨大なサイト、アクセスの多いサイトでは何を使っているんだろうか。

・Amazon が Perl という記事 (2005) を見たのだがホンマかいな。。。


うーん、巨大サイトは複雑で、いろいろ使ってるのかな。






PHP スクリプト

ちょっと調べたんだけど、

PHP はやっぱ HTML の中にも書けるのね。。。


以前に、PHP スクリプトを埋め込んだ HTML のドキュメントなんかを見て、
フロント言語のイメージでいたんだろうなぁ。


まぁ理解が曖昧だった、ということだ。



サーバーサイド PHP の用途も調べてみたんだけど、
ショッピングカートとからしい。そうなんだろうなぁ。前もそういう話見たような気がする。
ブログもまぁイケるんだろう。おかしくない。

うーん、と思って、
ゲームサーバーは何の言語使ってるか調べてみたんだけど、
これはさすがに PHP じゃないみたい。





サーバー言語

いまさらなんだけど、PHP と Ruby って、

Web を構築できるのは知ってたけど、
それ以外は良く知らず、あいまいな理解しかなかったんだけど、

なんとなくフロント言語だと思ってたよ。。。
で、フロントでなんか独自のことができるのかと思ってた。(できるのかもしれないけど)

でもサーバーサイドなんだね。
そりゃそうかも。



ということは、
オレがこの 2 つの言語を使うことはないな。





スポンサーリンク