Tanbarin's Blog

もう少しマシにやろう

Kotlin (for Android) というのがあるらしい

どうも Android アプリ開発用に Kotlin という言語があるらしい。

ちょろっと調べたが、ちょっと穿って調べたが、まぁまぁ良さげ。


ただネット上に Kotlin のサンプルコードその他は少なそう。
また Amazon で検索すると入門書は 1 冊のみ。



言語の良し悪しは別にして、
自分が導入するとしても
世間で Kotlin が主流になってからですね。




Microsoft Word, PowerPoint

全くと言っていいほど使ってない。

Excel だけ使ってる。



Word についての批判はいっぱいあるのだが、
そもそも Word って必要なの?というところから始めると
不毛な批判になってしまうしどうしよう。


PowerPoint については、世間の過度のプレゼン重視に辟易してるからなぁ。
必要な時だけパワポマスターにお金払って依頼するくらいでいいよ、オレは。
つーかプレゼンって、やりだすとオレも含めて全員バカだからな。
ホント、バカバカしい。

結果出す奴もいるんだが、いつもじゃない。
ただ「いつもじゃない」のは、普通のことなのだ。当たり前のことなのだ。当然予想されることなのだ。

じゃあできるだけ数多く結果を出すには?→プレゼンなんかやめてしまえばいい。
オレはそうだ。

まぁでも形式的にプレゼンが必要な場合もあるかもしれない。
それは外注すればいい。







まぁ今は両方ともあんまり使わないんだよね。
批判してもしょうがないのかもしれない。

まぁそうは言っても、Microsoft に限らず、
使いやすいいいアプリになってもらいたいものである。





Android が Java の理由

ここ数日、調べ物をしていて、

なんで Android アプリ開発が Java なのか、

わかったような気がする。

いや、明確にはわかってないんだけど。。。




要するに、
Android アプリ開発は C 系か、Java になるわけだ。
で、Java を選んだ。

一方で Apple は自社の言語を使う。



そういうことなんじゃないのかなぁ。




スポンサーリンク